SNARK SN2 すべての楽器のクリップチューナー >> KACHI レビュー

素早く静かに、トラブルなくチューニングするのにぴったりなハンディタイプ

SNARK SN2

機能

  • 位置調整クリップにより、見やすいようディスプレイを360°回転することが可能
  • すべての楽器に使える広範囲にわたる周波数領域
  • タップテンポメトロノーム
  • 高感度振動センサー、内蔵マイク

使いやすさ

まずSnark SN-2チューナーを箱から取り出し包んでいる保護カバーを取り除き、パケットからバッテリーを取り出しカバーをスライドして開けて押し込めば設置準備完了。楽器のヘッドストックに取り付け、大きめのシルバーボタンを押せば準備万端。

振動センサー、内蔵マイクと2つのチューニング機能。暗めの部屋でも見やすいよう明るいLEDスクリーンを採用し、10秒間動作がない場合画面が暗くなり、2分後に電源を自動的に切る節電システムも搭載。製品概要によれば弦楽器、ウッドウィンド、ブラス、オーボエなどまで様々な楽器のチューニングができるようです。全ての楽器を試したわけではないですが、エレクトリックギター、アコースティックギター、ウクレレ、バンジョーなどで使ってみました。

正確かつ素早くチューニングでき、振動センサーの使用は騒音を立てずにチューニングするのに抜群。ベース部分がしっかりしたゴムになってるのでギターから滑り落ちたりすることはなく、お好みで自由に方向転換することもできます。タップテンポメトロノームはあまり使うことがありませんでしたが、それでも追加の機能があるに越したことはありません。

信頼性&耐久性

プラスチックでできてるので、継続的な打撃に耐えられるかどうかは定かではありません。節電機能のおかげでバッテリー切れになる可能性は低くなっていますが、それでも心配なら別途バッテリーを持ち運ぶこともできます。

全体的な印象

個人的にいろんなスタイルの音楽をやるのでギターをチューニングすることは結構あります。素早く静かに、トラブルなくチューニングできるハンディなタイプであることは確かです。取り付けタイプのチューナーは他にもたくさんありますが、Snarkのを買ったのは機能性がはるかに優れてるからです。最も優れた点を挙げるとするなら明るいLEDスクリーンと振動センサーですかね。

SNARK SN2について詳しくはこちら

当サイト「kachi.jp」は、amazon.co.jpを宣伝しリンク することによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Twitter Button Facebook Button Google Button LinkedIn Button

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *