ASUS EeeBook ノートブック X205TA 11.6インチ「レビュー」

Chromebookに少し似ていますが、Windows 8.1はここ一年で見た中でも最高のラップトップです。Chromebookのコンセプトがお好きであり — 計量、お求め易い価格、メール、ブラウジング、その他の基本操作に最適なデザイン — Chrome OSの枠を越えた何かということであれば、これこそが最高の選択肢でしょう。

ASUS EeeBook ノートブック X205TA

“EeeBook”という名前に聞き覚えがあるなら、きっと数年間のAsusのノートブックパソコンのラインナップを思い出すこともできるでしょう。この型はノロノロと歩く獣のようなパソコンに比べ — 力強いとさえ、形容しませんが — 圧倒的に多くの魅力を備えています。

これこそが先に説明したことです。ビジネスに限ったことではなく、“家での”コンピューター操作にピッタリの Chromeboo型ラップトップです。これにはIntel Atomプロセッサー、2GBのRAM、64GBのフラッシュストレージ(Asus及びMicrosoftにより提供される膨大な量のクラウドストレージ)、そしてWindows 8.1 32-bitが搭載されています。

11.6インチの画面の構成は16:9で、1,366×768ピクセルの画質を誇ります。他の主要なスペックとしては、 Bluetooth 4.0、microSD及びmicro-HDMIスロット、二カ所のUSBポートを搭載。Asusによると、1回の充電でEeeBookは脅威の12時間駆動を実現します。これはノートパソコンにとり生命線とも言える重要な要素です。

ASUS EeeBook X205TAの詳細はこちら

Chromebookの価格でWindows仕様のパソコンをお探しであれば、これで間違いないでしょう。

Asusの製品情報ページでは全詳細を確認可能です。

当サイト「kachi.jp」は、amazon.co.jpを宣伝しリンク することによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Twitter Button Facebook Button Google Button LinkedIn Button

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *